日常生活への影響

大規模修繕工事に伴う日常生活への影響について、主な内容をご紹介します。

1車両の移動

建物に接している機械式駐車場や平置き駐車場の車両を、足場仮設・解体期間中または足場仮設してから足場を解体するまで、敷地内もしくは敷地外の仮駐車場へ移動していただく場合があります。
機械式駐車場の塗装工事がある場合には同様に、車両を一時的に移動していただく必要があります。

建物に接している駐車場 例

21階専用庭への足場設置

建物から約1mの範囲内に足場を設置するため、足場の設置範囲にあたる箇所に物干し台・植栽等をおかれている場合には、事前に移動をして頂く必要があります。

足場設置状況 例

3BS・CSアンテナの取外し又は、足場への移設

足場を設置するにあたり、バルコニー手摺壁等から外部に張り出しているBS・CSアンテナは足場材に接触して破損する可能性があるため、足場仮設工事前に各戸にて取外しをお願いする場合があります。
また、足場仮設後もBS・CSを視聴できるよう、足場の外へアンテナを移設することも可能です。(移設費用については原則個人負担となります。)

  • アンテナ移設後 例
    (足場外側からの写真)
  • アンテナ移設後 例
    (足場内側からの写真)

4-1バルコニー・ルーフバルコニー内の工事

バルコニー・ルーフバルコニー内の工事が着工する前に、居住者様にてバルコニー内に置かれている荷物(置敷きタイル・人工芝・ウッドデッキ・ラティス・物置・棚等)および植栽等を片付けて頂く必要があります。原則、居住者様にて撤去・保管(室内等)・復旧を行って頂きます。

※室外機(床置き・天吊り)・物干し竿はそのままで結構です。ただし、室外機の配管が短い場合には、室外機の取外しをお願いする場合があります。

  • バルコニー 例
  • ルーフバルコニー 例

4-2網戸の取外し

バルコニー内や廊下等の窓サッシ周辺の補修を行う際に、窓サッシの外側についている網戸を、汚れ・破損防止のため、居住者様にて一時的に取り外しをお願いする場合があります。
網戸の取外しが必要となる主な工事は、下地補修工事・シーリング工事・塗装工事・防水工事です。
取外しの有無・取外しが必要な期間等は工事の内容によって異なります。

※窓サッシ内側のプリーツ網戸の取り外しは必要ありません。

  • 窓サッシ網戸 例
  • プリーツ網戸 例

4-3エアコンの使用制限

バルコニー内や廊下内での補修工事・床面防水工事の為、エアコン室外機を仮移動する場合があります。
室外機の配管が長ければ配管を外す事なく作業を行えますが、配管が短い場合や2段式の室外機の場合には、配管を取外す必要があります。
配管を取外している間は、エアコンの使用が出来なくなります。

  • 配管が長い例
  • 配管が短い例
  • 2段式室外機例

5外壁下地補修工事等で発生する騒音・ほこり

外壁等の下地補修工事を行う際に、電動工具等で外壁タイルやモルタルをはつったり補修用の穴をあけたりしますが、これらの作業時には大きな音やほこりが発生します。
壁を叩く等、コンクリートに衝撃や振動を与える音は居室内に大きく響くことが避けられません。

  • タイル斫り作業例
  • 外壁穴開け作業例
  • 外壁等モルタル面削り作業例

6-1廊下・階段内の工事

廊下・階段内では、下地補修工事・シーリング工事・塗装工事・床防水工事等、様々な工事が行われます。
特に影響がある工事は床防水工事で、既存の床シートを貼替える工事では一時的に廊下の通行に制限が生じます。
通行を制限する箇所はカラーコーン等で区画を行い、通行路が分かるように誘導表示を行いますので、表示に従ってご通行ください。

  • 廊下床シート防水工事作業例
  • 階段床シート防水工事作業例

6-2玄関枠の塗装

廊下内の鉄部塗装工事に、玄関枠(扉)の塗装を行う場合があります。
基本的には外枠~ゴムパッキンの手前まで塗装するので、塗装時には居住者様の在宅が必要になります。塗装作業でご在宅頂く回数は2~3回(それぞれ半日程度)です。
塗装作業日の調整は、居住者様へ『在宅アンケート』を配布して、アンケートの回答結果をもとに調整を行っています。

玄関枠塗装作業例

ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0120-34-5191
  • (平日9:00-17:00
お問い合わせはこちら